2014年10月19日日曜日

『和菓子』 中村肇・著

日本文化の魅力を「和菓子」を通して再発見
京菓子の美を追い求めた著者の7年間の集大成

表紙からして、息をのむ程美しい和菓子の写真ですが、
ページをめくるたびにため息がでる美しさです。

しかも、すべての写真が自然の光で撮影された、
というのには驚きを通り越して感動しました。

春夏秋冬、日差しにも色があり、強弱もあります。
自然の光が、和菓子の季節感と見事に融合した写真は、
その季節、その瞬間にしか撮ることができません。

また、京菓子の季節変化は大変早く、
昨日あったお菓子が、今日もあるとは限らないし、
去年あったから、今年もあるとは限らないわけです。

さらに、菓子は季節だけでなく、
職人により変化します。
それぞれの美意識が、
様々な表現でお菓子に映し出されるのです。

その瞬間瞬間を、それぞれのお店で調査しようと思ったら、
莫大な手間・時間・お金がかかります。
それをすべて中村さんに代行して頂いたとすれば、
この本の書籍代など、本当に安いと思います。

お菓子のカット写真については、
賛否両論あるようですが、
私はカットして初めて理解できる世界を拝見できて嬉しいです。

特に、あんこの色がお店によって違うことや、
菓子の表面的な美しさだけでなく、
切らなければ気が付かない内側にまで、
色彩の配慮がされているものもあり、驚きました。

素晴らしい本を作って下さって本当に有難うございます。
読むたびに、和菓子の魅力を再認識し、
背筋の伸びる1冊です。

【文責 宮澤 啓】

---------------






---------------

0 件のコメント:

コメントを投稿